Category: Foods & Beverages

桃川 純米酒

イトーヨーカドーでマグロの解体ショーを見て,(妻によると,見たからというわけではなくもともと本日はお寿司にするつもりだったらしい)生マグロを買ったので日本酒も急遽イトーヨーカドーで調達した。 イトーヨーカドーの棚に並んでいるものから美味しそうな日本酒を初見で選ぶという無理ゲーであったが,棚の左上に桃川を見つけたのでこれを選択。 純米吟醸グレードの桃川を以前飲んだことがあったので,それなりに期待していたが期待に違わないコストパフォーマンス。 東北の日本酒らしいキレもあり,妻にも好評だった(関西の日本酒はどうも甘い感じのものが多いので)。

acure青森りんご ふじ

お手頃価格で買えるストレート果汁のジュース製品を求めて。 Tropicanaの720mlは438円@成城石井で,ストレート果汁であることを鑑みればそう高いというわけでもないが,2歳の娘は食事1回で720mlも飲まないので,娘の食事1回分程度で安価なものという商品を探している今日この頃。 今年の春から大々的に出てきたのが,このJR東日本ローカル商品のacureブランド「青森りんご」。駅の自販機で販売されている。 280mlで160円と,1回使い切り分単価という意味ではTropicanaより安いので本日採用してみた。 娘の反応は特段普通だったので,なかなか使えるのではないか…? 問題は「青森りんご」という商品であるため,ふじ,王林などリンゴの中でのバリエーションしかないという点。一方,娘の最近の流行はブドウ。

妻実家からこの季節になると頂けるタケノコ。近所の人が取ってくれたもののお裾分けという形。しかもアク抜きして水煮にした状態で送って頂ける。 このサイズでタケノコを食べると満足感が違う。

Dragonfruit

プライスでは東南アジア系の外国人向けなのか,イトーヨーカドーではお目にかからないトロピカルフルーツが時々売られている。ドラゴンフルーツを購入したのはたぶん2回目。 味は…大味のキウイとでも表現すべき? 食感はサクサクしている。

Tropicana Pure Premium, Orange

親がお酒を飲むときは子供はジュースという不文律で買ってきたジュース。 濃縮還元ジュースは甘くなってしまうのは致し方ないとしても,最近のは香料が入っているものが多すぎてもうジュースとは認められない領域になっていると思う。かといってストレート果汁の単価はいったい…。

蛤 3.4kg

千葉県白子町へのふるさと納税返礼品で届いた,蛤3kg(オマケで3.4kgに増量してもらえたらしい)。 1個あたりの大きさは桃の節句向けに売られる超特大サイズではないものの,結構大きめ。そもそも3kg overの蛤なんて見ること自体が初めてなのでインパクト大。 桃の節句向けに残しておく分は冷凍して,残りの大半をまずは焼き蛤にして食べることに決定。

“Koshu” 2017, Tamba Wine

確かJR上野駅中央改札前のザ・ガーデン自由が丘で購入。 無濾過なので少しだけ期待したけど,甲州は甲州で自分の感覚としてはやっぱり味がないように感じられる…。 甲州種は「主張がないので和食に合う」と必死でアピールされているけど,要は味が薄いってことでしかなくて,和食に合わせたいなら日本酒のほうが合っているし「何が何でもワインにしたいけど主張がないものがいい」という変わったニーズにしか応えられないんじゃないだろうか。 もう少し違った感じの甲州ワインが出てくれば事情も変わるんだろうけど。

Mont d’Or, Arnaud

成城石井で売られているモンドールしか買ったことがなかったので,今シーズンはエノテカ扱いのものを購入してみた。 チーズ専門店「フェルミエ」が輸入しているというアルノー(ARNAUD)社のもので3,600円(税込3,888円)だが,検索してみたら同じものをOisixが6,000円(税込6,480円)で販売していて目が点になった。 表面に赤カビもうっすら生えていて熟成が進んでいる感があったが味には問題なくふつうのモンドールで楽しめた(生涯で2ブランドしか食べたことがないので語れるようなものではないが)。